今日も空を見上げてる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[生命の跳躍」

 何気なく図書館で貸りた本が、ファンタスティックに面白かった!
元素の化学反応から始まった生命がいくつかの革新的な機能を
獲得してきた様子を追求していて、読むのに1ヶ月くらいかかったけど、
読んでよかった~。2010年出版、イギリスのニック レーンが書いた本。
細菌、魚、植物、昆虫、爬虫類、哺乳類、鳥類 
生命はけっこう近いな ということと、
より生きていく為に必要な機能を開発してきた過程が面白い。
30億年か~

「元素の王国」は元素の性質、歴史を分かりやすく説明してくれた。
1996 イギリスのピーター・アトキンス 
地球上の生命がよく利用している元素 
酸素 窒素 炭素 鉄 ナトリウム マグネシウム リン も
始めからあったわけではなく、
始めは水素だけで、
宇宙が誕生して星ができて消滅して、その時に作られる。
100億年はかかるな~

「人体はなにでつくられているか」ニュートン別冊。
分子レベルの万能素材 たんぱく質 
自分達の意識とは全く別のところで、体のすべてをコントロールしている
ミクロのたんぱく質達。
こんなことが起きているなんて、自分の中に、他に誰か司令塔がいるよなと思ってしまう。
何がいるのかな~ 

それにしても楽しい1ヶ月だった。
雪も積もってたし、畑仕事もあんまりないから、
山仕事から帰ったら、本読むのが楽しみで、
休みの日も本を読んでいた。
でも、これはきっと農業にも林業にもいい影響が出るに違いない。
生命についての理解が広がっていくから・。もしかしたら、人間関係にも
よい影響がでるかも。でも本ばっかり読んでたら・・どうかな?
CIMG1097.jpg
「ムーク」というネット上で世界の大学の講義が無料で受けられるサービスがあると知り、
4月開講の「生命の化学」を受けたいから、今のうちから予習を始めよう。
いまさら勉強って笑ってしまうけど、
これまで積み上げてきてくれた、たくさんの学者のみなさんに感謝だ。 
2014 1・26  
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

kuruhaha

Author:kuruhaha
島根県浜田市に夫婦でIターン
山里の暮らしをはじめました

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。